バイクの燃費

バイクの燃費は自動車と比較して良いものが多いですが、その燃費性能は排気量が少ないバイクである方が高く、カタログ値でリッター66kmの数値を出しているバイクもあります。

排気量が多くなるほどバイクの燃費の上限も低くなってきており、車種にも影響しますが400cc以上のバイクである場合最高でもリッター40km程度の燃費性能となっており、リッター20kmほどのバイクも多いです。

整備状況などでも燃費は変わってきますが排気量の多いバイクはそれだけ装備も大きく、バイク自体の重量も重くなりますので燃費も悪化していきます。

荷物など重量が多いほど基本的に燃費は悪くなるものですので、原付バイクの方が燃費は良い場合も多いのです。

またタイヤなど走行の際の消耗品の程度でも燃費性能は異なりますので、安全性の面からもタイヤの空気圧や溝のチェックなどは日常的に行っていった方が良いでしょう。

バイクの空気圧が低い場合走行性能も低下しますので、安全性も低下します。

ガソリンスタンドなどでもタイヤの空気圧チェックはしてもらう事が出来ますし、タイヤを販売している店もあります。

身近な店舗として頼りやすいのでどこまで依頼出来るか、日常的に使う店には聞いておきましょう。

整備が個人で出来ない場合、日常的に整備を依頼する店がない場合安全性に問題が出てきますので、管理の面でも整備出来る環境が作っておきたいですね。

バイクは安全性を維持してこそ楽しめるものですので、管理はしっかり行いましょう。

Comments are disabled