知っておきたいバイクのマナー

バイクに乗っている人はあまり気にならないと言いますが、バイクに乗らない人もいれば、車は乗るけどバイクが嫌いという人もいます。

バイクで一番言われる事が多いのが騒音です。

これは車でもマフラーを改造しているとうるさく感じる車がいますが、バイクはどうしても音が大きい傾向があるので、バイクをつかう時はご近所の迷惑にならないように配慮は必要です。

バイクの大きさにもよりますが、空ぶかしをする時は特に大きな音が出ます。

昼間ならまだいいと考えますが、小さい赤ちゃんが寝ている家では、バイクの空ぶかしの音で起きてしまえば迷惑となってしまいます。

わざとやっているわけではなくとも、印象は悪くなってしまうでしょう。

休日にツーリングに出かける時はウキウキしますが、早朝に大きな音を出すのもこれまた近所迷惑になりかねません。

こういう場合は少しバイクを押しながら家や人がいない場所まで移動させ、そこでエンジンをかけるなど工夫が必要です。

運転にもマナーはありますが、住宅街では特に騒音に注意が必要です。

騒音を出すのは交通違反ではありませんが、人によっては騒音を苦痛に感じ、思わぬご近所トラブルに発展する事もあります。

ちょっとした気配りや配慮、すれ違う時にうるさくしてすみませんと一言断っておくのもいいかもしれません。

排気量が大きくなるほど音も大きくなるので、ちょっとだけ周りの事も考えておくようにしましょう。

その代わり高速道路では、違反にならない範囲で思い切り走って構いません。

Comments are disabled