女性ライダーが注意する事

バイクに乗るのは男性だけとは限りません。

最近は大型バイクにのる女性も増えていますが、どうしても体つきや力が男性よりも劣るため、女性ならではの苦労もたくさんあります。

バイクに乗る時、メイクをするかしないかは意見が分かれるところですが、メイクをする場合はヘルメットの内側が汚れてしまいます。

ファンデーションを塗っていると汚れやすくなりますが、数枚のインナーを使いわけ、こまめに洗濯していれば汚れも気になりませんし、バイクに乗る時もメイクができます。

ヘルメットをかぶっていても、車のように遮るものがないため、どうしても排気ガスで汚れてしまいます。

食事に立ち寄ったレストランでおしぼりで顔を吹いたら、排気ガスで真っ黒だったという話もよく聞きますから、肌を守る意味でもメイクはしておきたいと思ってしまいます。

運転手による違いはありますが、車よりもバイクは迷惑がられる傾向が強いです。

特に女性ライダーは嫌がらせなども多いと言います。

これに関しては難しい部分もありますが、無理な追い越しをするような車がいたら、速度を落として追い越しをさせてしまいましょう。

面倒な場合は少しスピードをあげて、思い切り引き離すという方法もありますが、スピードの出しすぎには注意してください。

ツーリングなどで仲間がいればいいのですが、1人の時は嫌がらせをされる事もあります。

できるだけ自分からはトラブルに巻き込まれないよう、危険は避けておくのが賢明です。

こちらもCheck!⇒[なんで女性がバイクに乗るの? | バイク女子の本音]

Comments are disabled